FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白人男性との不倫2

白人男性との不倫1からの続きです


その後もしばらくは進展はなく。

ある日、彼と路地を歩いていると、道に怪しい人が立っていました。
「あの人何してるの?」
「たぶん、マリファナを売ってるんだと思うよ。」
「私、吸ったことない。」
「吸ってみたいの?」
「うん」

彼が数本買ってくれ、そのうちの一本を戻ってすぐ試すことになりました。

「吸うと、どんな気持ちになるの?」
「すごく酔っ払った時みたいになるよ」
外人の同僚から、すごく集中できるから試験勉強の前にやった・・・などと聞いていましたが、実際はどうなるのでしょう。
二人で一本吸ったぐらいだと、あまりわからないもの?
ちょっとふわっとした気持ちになりましたが、大きな変化は感じず、そのまま二人でPCで調べ物をしていました。

すると、スクリーンに彼の女友達からのメッセージが突然ポップアップ。
そこには一言、『あんたのくさい尻が恋しい』と。

「なにこれ? いきなり・・・」
ただそれだけのことで、ものすごく笑えて来ました。
笑いが止まらず、(これがマリファナ効果?)などと思いながら、彼と二人で大笑いしました。

一通り笑い終わると、自然と彼と熱いキスを交わしました。
そのまま、抱き合ってお互いを求め始めます。

抱き合ったままで、服を床に落として行きながら、ベッドルームに移動。
裸でいちゃいちゃしました。

彼の胸板はとてもセクシーです。
日本人の私とは当然異なるタイプの白い肌に、金色の産毛がきらきらと光っていました。
肩には小さなタtゥーがあります。

裸で抱き合っていると、とても幸せな気持ちになります。

彼に「僕と何したい?」と聞かれて、思わず自分から「SEX」と言ってしまいました。
もう、彼に抱かれたくてたまらなくなっていたのです。

彼は私の額にキスして、瞼、唇、首筋、肩・・・と徐々に下に下がっていきます。
胸を揉みながら乳輪を舐め、乳首を吸われます。
「はぁぁ、はぁ・・・ん・・・」
彼の愛撫はごくごくオーソドックスなものでしたがその時の私にとっては最高のご褒美でした。
「あぁ・・・、はぁん、はぁぁ・・・」
こんな時は英語ではどう言えば? どう反応して良いかわからず、ただただ、感じながら彼にしがみつきました。

そのまま彼の舌は私のおへそ、下腹部を這っていきます。
「なんて華奢なんだ。」手では私の太腿をなでながら、彼が言います。
日本人としてはごく普通体系の私。
でも、豊満体系が多いこちらだと、十分細い部類に入るようです。

そして私の秘部へ。
「あん、あぁん、あぁぁん、あぁっ」
マリファナの高揚感もあったのでしょうか。
彼がほんの一なでするだけで、おまんこから蜜が溢れ出します。

「あぁん、んんん・・・・あん、あんっ、あっ、駄目っつ」
思わず日本語が出ました。
(あ~ん、恥ずかしい・・・・こんなになっちゃって・・・・彼になんて思われたんだろう)
「あぁぁ~、あぁぁん、はぁぁん、あぁん、あぁん」
(気持ちいい・・・・。あぁ・・・もう駄目・・・何も考えられない)
私は恍惚となって彼のクンニに身を任せました。

つづく
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 淫乱人妻
ジャンル : アダルト

輪姦旅行18

*レイプは犯罪です。妄想として楽しんでくださいね*
最初から読んでくださる方はこちらから
輪姦旅行1 はじまり
輪姦旅行11 翌朝
輪姦旅行13 ゴルフコンペ当日

お客様に興奮していただくためか、一人目のお客様の時と同様に、先に軽くクンニを受けます。
お客様におまんこを良く見ていただくための配慮か、顔面騎乗の体勢で一人の男の顔を跨されました。
両足を開き、不安定な体制でしたが、両側からそれぞれ別の男達に胸を揉まれながら体を支えられました。
寝そべっている男は、私のクレバスをべろべろと舐め上げます。
「あぁ、あぁん、はぁぁん、あ・・・そんなこと・・・」
(そんなことされたら、また欲しくなっちゃう・・・)
今日は彼らの性玩具として過ごすと決めてはいましたが、さすがに、恥ずかしくて言えませんでした。
ただただ、全身で感じながらクンニに耐えました。
「んっ、あんっ、あんっ、あぁんっ」
一人目のお客様はついにおまんこには挿入しなかったので、私のあそこはもう我慢の限界でした。
犯されることを待ち望むようになってしまうなんて・・・

その時がやってきました。
二人目の客人はベッドに仰向けに横たわったようで、私は騎乗位で今度はお客様の下半身の上を跨がされました。
キョウコさんが、私の手をお客様のペニスにあてがいます。
私はそのままペニスを握り、ゆっくりと自分の腰をその上に完全に沈めました。
「はぁぁ~ん」
やっとおまんこにおちんちんが挿入されると、私はメス犬のように歓喜の声を上げてしまいました。

お客様のペニスは固くそそり立っていますが、お客様自身は微動だにしません。
「さっちゃん、早く腰を振ってさし上げて」
レイプされて、どうして自ら腰を振らなければならないのか・・・
初日の夜であればとても考えられないことでしたが、今の私はキョウコさんに言われた通り行動することに何の疑問も持っていませんでした。

「あぁん、あぁん、はぁん」
両胸を揺すりながら、上下に前後に、時には円を描くように懸命に腰を振ります。
「う゛っ」
お客様が堪らなくなって声を上げると、その角度で何度も犬のように腰を振り続けました。
最後は対面座位で、お客様に胸を揉んでいただきながら、腰を前後に振ると、お客様にイッていただけました。

「今年の賞品も、なかなか良かったじゃないか」
そう言って、二人目の男が帰ると、残っていた男達の態度が豹変しました。

丁寧な言葉遣いは影を潜め、昨日までの下品で卑猥な顔が出てきました。
「さっちゃん、良かったねぇ。
最初は上品ぶってばかりいるから心配したけど、最後はこんなに淫乱になってくれて。」
「二人共、喜んでくれたよ。」

「・・・じゃあ・・・最後の夜だからみんなで楽しもうか」


その後は、キョウコさんと二人、男達から陵辱され続けました。
昨夜までとは違い、乱暴に犯されました。
捏ね繰りまわされ続けた乳首は男達の唾液が染みて痛み、擦り切れる程挿入されて痛みで乾ききったおまんこにはローションを垂らされて無理やりに何度でも挿入され続けました。

一通り男達がイッた後も許してもらえず、イラマチオで再び元気を取り戻すまで奉仕させられ、勃起したペニスはおまんこにぶち込まれました。

最後はキョウコさんの「もう、このぐらいで許してあげなさい」との一言でやっとお開きに。


次の日、社長と副社長以外、私も含めその他の人達はエコノミーで帰国。
狭い機内ですが、旅行中殆ど眠れなかったので食事が終わるとすぐ眠りに落ちました。

あとは帰るだけだと安心していたのですが、窓側のキョウコさんに悪戯され、目が覚めました。
私の目が覚めたことがわかると、通路側の久保さんは勃起したおちんちんを既に露出させていて、私にフェラチオを求めます。
(こんなところで?)
そう思いましたが、機内は暗くなっていることに少し安心して、求められるままに久保さんのものを口に含みました。
昨夜はおまんこが破れそうに痛んだのですが、もう、回復していて、キョウコさんの手マンに感じてしまいました。
機内で声を出してはいけないと、我慢するためにも必死で久保さんのおちんちんにむしゃぶりつきました。

その後、久保さんは席を立ち、代わりにキョウコさんの会社の人達が入れ替わり立ち代りやってきて、口内射精を強制されました。
フライトアテンダントの人から注意は受けませんでしたが、周囲にはばれてしまったようです。
何を勘違いしたのか、全く見ず知らずの男達までもが、元久保さんのいた席に座り、勃起したペニスを私に突き出しました。
仕方なく、私は肉便器となって横に座ってきた男達全てに、奉仕をし、結局殆ど眠れませんでした。

帰国してすぐ、ゴルフスクールは辞め、その後、数年間はゴルフクラブにさわることもしませんでした。
夫がゴルフ好きのため、今はたまにつきあいますが、ゴルフにはあまり良い思い出が無いです。
アナルセックスはその後、一度もしていません。

おわり。
クリック待ってます。

今日の画像はこちらからお借りしました

新妻 中出し20連発 風間ゆみ
まだ結婚して間もない私は夫とのSEXの相性が悪く、今でも前の彼のことが忘れられませんでした。「夫は愛している、でも…」自分自身への罪悪感。ある日、隣人に全てを悟られてしまう。「奥さん、わかってるだろうな?」家に押し入られ、連日のように続くレイプ。今日も買い物から帰ると見知らぬ男たちが…そしてその先には傷だらけの夫が!激しく抵抗するも、奪われていく体力。夫の目の前で性玩具と化した新妻ゆみに悲痛の中出し輪姦が繰り広げられる!




テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

輪姦旅行17

*レイプは犯罪です。妄想として楽しんでくださいね*
最初から読んでくださる方はこちらから
輪姦旅行1 はじまり
輪姦旅行11 翌朝
輪姦旅行13 ゴルフコンペ当日

アナルへの挿入はやはり苦しかったです。
昨夜は、アナルとおまんこを両方刺激されたのですが、今はアナルへのピストンだけ。
「う゛ぅぅ。少し、きついが、気持ちいいよ。どうだ、イキそうか?」
「は、はい。。んんっ。。。早く、早く、イカせてください」
男は喜悦の声をあげますが、私は、この苦しさが、ただ、早く終わって欲しいと、そればかり考えていました。
男がキツイと感じるのもそのはずです。
だって、こんなに苦しい。。。
「んっ、んんっ、うぅ・・・あぁ・・・」
おまんこも、おまんこも、一緒に触ってくれたら、この痛みも快感に変えられるかもしれないのに。。。

男はピストン運動を更に早めます。
「あぁっ、あぁっ、あぁぁ・・・」
直腸越しに、子宮の奥が刺激されます。
「うぅん、うぅん、ああっ、ああああああ・・・」
子宮がきゅーっと波打つような感覚があり、おまんこから、愛液がたらたらとだらしなく流れました。

男はまだイッてはくれず、今度は正常位で更にアナルを犯します。
腰には枕を敷かれて、お尻が丸見えの状態です。
「ああっ、ああっ、も・・もう、もう、駄目・・です。い、いやぁっ」
素直な態度を取れと、キョウコさんには言われていましたが、なかなか終わってくれない男に対し、つい、嫌だと口に出してしまいました。
「嫌なのか? 
本当に嫌なら、可哀想なことをしたね。
でも、ヴァギナからもアナルからもこんなにいやらしいお汁を垂らして・・・」
(あ、アナルも、濡れてしまっているの? う、嘘よ。)
「どう見ても嫌がっているようには見えないね」
そう言うと、男は手でクリトリスをつまみあげました。

「はぁぁぁぁぁん、あぁぁぁん、あぁぁぁ~っ」
ずっと放置されていたクリトリスをくりくりと捏ね繰りまわされると、びくびくと体が振るえ、よだれを垂らし、おまんこをひくつかせながら、激しく身悶えてしまいます。
「素直じゃないお嬢さんだねぇ。嫌じゃ、ないだろう。
僕はアナルだけでイッてくれる娘が好きなんだけど、経験が少ないみたいだからねぇ。」
「あぁぁん、あぁっ、んんんっ、くぅんっ、はぁっ、はぁっ」
「特別にサービスだよ」
おまんこにローターが入れられます。
ぶーん、とローターに電源が入った時、その快感で全身がとろけてしまうようでした。
「はあぁぁん、あぁぁん、あぁっ、あぁっ、あぁん、あぁん」

男は激しくアナルを突き上げます。
「う゛ぅっ、ああぁぁ」
「はぁん、はぁん、はぁぁん」
ずっ、ずっ・・・あまりの激しさに、アヌスが裂けてしまうのではないかと思いました。

「あぁん、あぁん、あぁぁぁ~ん」
途中で、膣圧のためローターは抜けてしまいましたが、その後、男がイクまでの間、なんとか、アナルへの刺激に耐えました。
「あぁぁ・・・イク、イクよ」
「はいっ、イッて、早くイッてください」
「あ゛ぁっ、うっつ」



「本当はもっと遊んであげたいんだけどね。
おじさんも、もう歳だから、今日はこれで帰るよ」

男達の中で特別扱いされていた男が帰ると、私はバスルームで簡単に体を洗われ、再度オイルを塗られます。
その後、入室してきたもう一人の客人扱いの男の相手をさせられます。
「今年こそ、先に味わいたかったんだけどね」
「今年は特におしかったですね。来年こそは、是非、優勝してくださいよ。」

輪姦旅行18につづく
クリック待ってます。

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

オルガスターで2010年初オナニー

皆さん、初Hはお済ませですか?
私はオルガスターを入手したので、オナニーしてみました。
オルガスターでも十分大きくて・・・ビッグなんて大きすぎると思ったのですが、使ってみたら、やっぱりビッグにすればよかったかなぁ・・・・と思ったりもしました。

質感がソフトなのがいいですね。クリトリスにも当たるし。
電源だけ入れても・・・ですが、前後に動かして、妄想にふけるとそれなりです。

でも、オナニーより誰かにこれ使っていじめてもらった方がもっと楽しめそうなのですけれど・・・

いっぱいクリックしてくれたら、次はもっと恥ずかしい写真を載せるかも・・・


オナニー

オルガスター ブルー
史上空前のメガヒットローター「オルガスター」。ポッコリと膨らんだ特徴的な先端が女性器にピッタリとフィットし、そのまま歩いても抜けないほどに密着。そこでローターの電源を入れれば、ザワザワと気持ち良いポイントを刺激し続ける快楽バイブレーション。シンプルながら計算されたフォルムが的確に快感を増幅します。幾多の追随商品が発売されましたが、元祖「オルガスター」の魅力と人気は絶大ですね
1,300円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング

色違い、サイズ違いはこちらから

自宅・自画撮り最高傑作!モニターガールズ1


「オトナのオモチャ」メーカーのモニターガールが最新のオモチャや人気商品を自宅ビデオリポート!あまりの気持ちよさに本気汁流しながらのまさに体を張った超強力自画撮りレポートになってます!

テーマ : アダルトグッズ
ジャンル : アダルト

輪姦旅行16

*レイプは犯罪です。妄想として楽しんでくださいね*
最初から読んでくださる方はこちらから
輪姦旅行1 はじまり
輪姦旅行11 翌朝
輪姦旅行13 ゴルフコンペ当日

「あぁん、はぁぁん、あぁ~ん、はぁ~ん」
キョウコさんの喘ぎ声はとても艶っぽく、私は少し怪しい気持ちになってしまいました。

「あんっ、あぁんっ、んんっ」
「ああ・・・・・うぅ・・、イクよ」
高田は小さく呻くと、私の中に放ちました。
何の躊躇いも無かったところを見ると、昨日も一昨日も・・・男達は皆、私の中に生で出したのでしょう。。。

私と高田、キョウコさんと久保さんのSEXが終わると、私は3人にバスルームに連れていかれ、直腸洗浄をされました。
気持ち悪くて泣きたくなりましたが、私の意志など、誰も気にもとめていないことはこの3日間で十分思い知らされていましたし、性玩具となると決心したことで、羞恥心はもうありませんでした。

ベビードールのようなものを着せられ、ベッドに座らされます。
彼らの性玩具となっても良い・・・そう思った私の心をまるで見透かしたかのように、首輪がカチリとはめられました。
ベビードール&ショーツ/コスプレ/コスチューム(紫)  8882
☆可愛い☆セクシーベビードール♪
2,300円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング

目隠しもされると、今夜はこれから彼らの性奴隷として過ごすんだ、と再度自覚した思いでした。

乳房、アナル、そしておまんこにオイルを垂らされます。
キョウコさんから、決して抵抗せず素直に言うことを聞くように。
今日はお客様が来るから、お客様がイクと言ったら私も必ずイクように。と指示を受けます。
大人しく従えば、今夜で、最後になるからと。

久保さんがどこかに電話をかけ、それを待っていたかのように、数名の男達が部屋に入って来たようです。
「うん。昼間とは随分感じが違うね」
一人の男が口を開きます。
ノーパン、ノーブラにこんなスケスケの下着一枚だけでは、裸以上に淫乱な女性と見なされてしまうのかもしれません。

「なかなかいい娘ですよ。どうぞ、ご堪能ください。」
殆どが昨日と同じ男達だと思われたのだけれど、男達から昨日までの下品な言葉遣いが消えていた。
「よし。では、早速。」
・・・この人がきっと『お客様』なのでしょう。
「今年の娘はそんなにいい娘なのかい?」
「さっちゃん、少しオナニーしてさしあげて」

キョウコさんに促され、私はオナニーを始めます。
両乳房をベビードールから出し、脚を広げて、声のする方におまんこを晒します。
左手で胸を揉み、右手では割れ目をなぞると、つい先ほどまで、キョウコさんと高田に弄ばれた体には、まだ残り火が燻っていたのか、割れ目の中は塗れていました。
恥ずかしいマン汁を指ですくってはクリトリスに擦り付け、何度か繰り返してクリトリスを十分に塗らしてから、上下に激しく擦ります。
「はぁぁ、ん、はぁぁ」
右中指を膣内に入れ、出し入れすると、少し、感じて来ました。
「うん、うぅん、んん」
左手ではクリトリスをさわり、腰をひくつかせて喘いでみせます。

今までで一番がんばったオナニーでしたが、不十分だったのでしょう。
結局、何人かに手伝われることになりました。
後ろから男に抱きかかえられ、おまんこには、キョウコさんからのクンニを受けます。

目が見えなくても、このクンニはキョウコさんだとはっきりわかります。
その他の男達にも体のあちこちを弄られ、さっきまでの自慰とは比べ物にならない快感に、私はすぐ乱れ始めました。
「あんっ、あぁん、はぁぁん、はぁっ」
キョウコさんの舌使いはとても繊細で、勝手に体がくねりだします。
「あんっ、あんっ、あぁん、あぁん、あぁっ」
「どうしたの? そんなによがっちゃって。気持ちいい?」
「んんっ、あんっ、はぁっ、あ・・・気持ち・・・んっ、いい・・あぁん」
「嬉しいわ。さっちゃんが淫乱で。思った通りだったわ」キョウコさんはくすくすと笑いました。
「あん、あん、あん、あぁん、あんっ」
キョウコさんはクリトリスだけを執拗に責めつづけます。
膣内以外のあらゆる性感帯を複数人に刺激されて、はしたないことに私はまた、挿入が欲しくてたまらなくなってしまいました。

「いい娘を見つけてきたようだね。
君たち、もう、いいよ。
あまり、じろじろ見ないでくれたまえ」
私をベッドに座らせ、体を弄っていた手が全て離れます。
そして、今日のゲストと思われる男が、ペニスを私の口に入れてきました。
あんなに嫌いだったフェラチオですが、いよいよこのおちんちんを入れてもらえると思い、素直に口に含みます。
苦しかったですが、奥まで咥えて出し入れを行い、根本は手も使ってしごきました。
「う゛っ」男は低い声をあげました。
私の口からおちんちんを引き抜き、私をバックの体勢にします。

男はカリの部分を私のアナルに押し当てます。
(えっ、うそ・・・、あ・・・いや・・・)
男は挿入を求めてだらしなく蜜を垂らしているおまんこにではなく、アナルにペニスを挿入し始めました。
「んんんんっ、あ゛・・・・ぐ・・・」
ずっつ、ずっつ、根本まですっかり挿入されてしまいました。
本当は嫌だと声に出して叫びたかったのですが、何とか我慢しました。
変わりに、変な声が出てしまいます。
「あ・・・・、ん・・・・ん、ん・・・」
この二日間、指とバイブで多少の訓練は受けたものの、おちんちんは初めて。
直腸洗浄も、この男の相手をするためだったのかと悟りました。

輪姦旅行17へつづく
クリック待ってます。

yourfilehost:輪姦動画2

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

さちとご主人さま

Author:さちとご主人さま
【18禁です】
佐々木さちです。さちのブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
(ランキング参加しました)
blogram投票ボタン
エログ-(エログランキング)
(広告です)


カテゴリ
FC2ブログランキング
宜しければクリックお願いします。

FC2Blog Ranking

最新記事
FC2投票
よろしければアンケートにご協力お願いします。
広告です
アダルトグッズショップオープンしました。
[さちのお店]

こんなかっこう、させられてみたいですね。。。妄想ですが・・・


リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

遊びに来てね
広告です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
59810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
人妻
1523位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
遊びに来てね
FC2チャット
QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。